コンビネーショントリートメント(CNT)セロトニン ストレス|神奈川座間かない整体






コンビネーショントリートメント|CNTシーエヌティー

あなたの本質を取り戻します。


やさしい    振りをしなくても

いじわるの   振りをしなくても

怒った     振りをしなくても

泣いている   振りをしなくても

悲しい     振りをしなくても

思いやりのある 振りをしなくても

怖い      振りをしなくても

魅力的な    振りをしなくても、


本質のままでいられるようになります。

体も同時に変化します。一石二鳥のお得な調整方法です。



セロトニンに着目

ストレスには

  • 心地よいストレス」と

  • 嫌なストレス」があります。


現代の生活では、旅行、瞑想、深呼吸、ジム、習い事、趣味、映画、いろいろな方法で脳内のセロトニンを増やそうとしています。
セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られます。
小腸には体内の98%のセロトニンがあり、中枢神経系には残り2%のセロトニンがあります。
中枢神経にあるセロトニンは、B1~B9神経を通じて脳内全域に放出されます。
これが精神の作用に影響していると言われます。
しかしストレスなどによって、脳にマイナスのエネルギーが蓄積されてくると、セロトニンが上手く供給されなくなるようです。

調整では「嫌なストレス」というエネルギー情報をとり除きます

さらに、
内臓と感情の関係性を

肺 ・・・「悲しみ」
肝臓・・・「怒り」「寂しさ」
腎臓・・・「恐怖」

この関連性を中和させていきます。

セロトニン供給の阻害が無くなるにつれて、自然に心と身体が回復していきます。




2つの悪影響を調整

  • 1つ目は 「内部にあるマイナス
    感情的ストレス(怒り・悲しみ)や、
    肉体的ストレス(痛み・しびれ)
    です。

  • 2つ目は 「外部のマイナス」 で
    環境情報電磁波地場などです。

 人間の内面から発生したマイナスは時間経過と共に自然消滅することがほとんどですが、中には消えずに残るものもあります。また、病気以外の原因で苦しんでいる場合には、外部のマイナスの影響があるようです。マイナスエネルギーそれ自体が悪意をもって悪さをしているわけではなく、その人の状態に共鳴したマイナスエネルギーが引きつけられているようです。

 でも、恐くありません。例えば、空気中には細菌、ウィルス、ゴミやホコリが無数に存在していますが、皮膚のバリア、免疫力のバリアで守られているので健康が維持されています。

  同じように、エネルギー的なバリアが健全な人は、マイナスエネルギーの影響を受けません。たとえ影響を受けたとしても休養を充分にとれば解消していきます。ただし、バリアの弱い人の中には影響を強く受けてしまう人もいるようです。

 調整では、その人の外側を、マイナスだけを跳ね返す多層バリアで包み、内部のマイナスと外部のマイナスが共鳴しにくくなる働きかけをします。さらに「縁切り」のエネルギーで内部と外部を隔離します。しばらくして本来のバリア能力が回復してきたら、作用させていたエネルギーを解放します。すると、調整前よりあなたの本質を発揮しやすい状態になっているこでしょう。

ストレスが減少すると、体内免疫機能がMAX(最大化)になるため、身体も変化していきます。



裏メニュー的な調整をご紹介

平均的な改善が見られない場合には、原因を調べて、原因を調整します。


■原因の種類

  • 物理的・・・土地のエネルギー状態の調整

  • 化学的・・・電磁波過敏、新築直後に家族全員具合悪い

  • 所有物・・・首の痛みと水晶ネックレス・腕時計・ベルト・歯の治療跡

  • 情報 ・・・携帯スマホのメール内容、取り込んだ画像、など情報の調整


これらが原因になって改善しない場合もあるようです。



さらにエネルギー技術的に興味深いものには



  • ウツ

  • 不登校

  • 家庭内暴力

  • 害虫駆除


も行うことができます。(裏メニューは期待しないで、期待してください。つまり、ゆる~く期待して結果を待ってください)