カイロプラクティックとは? | 神奈川座間かない整体






全身骨格骸骨

カイロプラクティックは、 腰や首を捻って豪快にボキッと音を鳴らす恐ろしい療法だと思っている方もいるでしょう。

私もそうでした。

急激に捻り・・・鳴らす・・・そんな恐ろしいことよくやるなあと・・・

でもだんだんと分かってきたのです。

まず、「精密な調整が出来る」 ことを前提にすると

「 音の出る矯正はしていません 」という整体院やカイロプラクティック院は、技術のない施術家が行うから「しません」ではなく「出来ない」のです。

本来であれば

音の出ない矯正もできます
音の出る矯正もできます

が本当ではないでしょうか?
音が出る矯正でしか取れないゆがみも存在していますから・・・

そうは言いいながらも

矯正で音が鳴ることは重要ではありません。
重要なのは、矯正によって動いていない関節の動きを取り戻すことです。
その動きを取り戻すときに、副産物的として音がするのです。

精密な調整を受けてみると、劇的な変化を体感すると思います。
(慢性症状を除く)

 矯正は

動きの少ない関節の可動域を取り戻す
神経反射機能を改善
自律神経の調整

を目的に行います

矯正の音は

まったく音がしない
ほとんど聞こえないくらい(小さく「クキャ」)
びっくりするくらい(大きく「ボキ,ベキベキ」)

もあります。

経験豊富な先生しか分からないことですが、慢性の症状になるほど音がしない傾向があります。すると音が鳴る場合はまあまあ調子は良いだろうという判断が出来ます。「今まで音が鳴っていたのに、最近鳴らないなあ」という場合は、体調管理を(病院などで)重点的に見てもらう目安にもなります。

通常は骨の矯正直後から、驚くほどの良好な変化が感じられます。

初めのころは、あのひねりの角度(10~30度以内)でボキボキ鳴るなんて・・・とても不思議でした。本当に上手な骨の矯正は、ほとんどひねらず(10~30度以内で)行い、痛みなく「ボキッ」と鳴ります。そして、

 ボキボキ=痛い が間違った矯正であることが分かりました。

 ボキボキ=爽快  気持ちいい が本当です。

今のところ、骨と神経に対しては、カイロプラクティックの調整以上に良い方法はないようです(時間がかかる間接法は沢山あります)。

カイロの骨の矯正は、他の療法をことごとく黙らせる必殺技のようなものといえます。

カイロプラクティックは精密で高度な技術が必要です。私も習得するのに時間とお金をかけて地道な努力をしています。上部頚椎1箇所しか矯正しないカイロがあるように、特定された骨の矯正は、全身に好影響を与えます(サラッと書きましたがすごく大切です)。

基本的なカイロプラクテイックでは、検査で陽性の場合、矯正を行います。検査に該当しない場合に矯正は行いません。

本場のアメリカでは、必ずレントゲン撮影後に特定してから施術を行います。必要な骨の矯正は2~4箇所程度です。 

達人のレベルになると、繊細な触診検査で、骨のズレは「ここ!」と特定できます。

今ではカイロは世界中いたるところに普及していますが、アメリカにいるドクターの友人から見ても、、日本人の指の器用さは他国人より繊細らしく、「レントゲンを使わずにいったいどうやってカイロの治療はどうやるんだ?」と欧米人から聞かれたことがあるようです。

そうはいっても カイロプラクティックの矯正が適応しない場合には間接法で対応しています。

間接法には、

  • 頭蓋仙骨テクニック
  • SOTの頚椎椎間板の可動性減少関節開放テクニック
  • 骨盤ブロックテクニック
  • リンパ反射
  • 側頭骨イヤープル
  • 達人整体

など色々な方法があります。