整体が初めての方へ | 神奈川県座間市かない整体






整体が初めての方へ

整体院と接骨院の違い

カイロの施術姿勢

整体院と接骨院は違います。
脱臼なのに「整体院」を探したり、
体の歪みが気になるのに「接骨院」に行ったりと、
誤解している方もいるかもしれません。

整体院 接骨院 医療
民間継承の日本古来からの伝統的療法 柔道や柔術に含まれる活法の技術を応用して、医師の判断の元に 捻挫・打撲などに対して、柔道整復による施術を行う アロパシー(逆症療法)が主流

医療は18世紀後半に、ホメオパシー、ナチュロパシー、オステオパシー、サイコセラピー、アロパシーと分かれました。

整体院によってまったく違う

chiropracticシンボル

整体院に行った事がある方ならご存知だと思いますが、
整体院によって全く違います。

整体の治療法も、整体の先生が言うことも。
なぜかというと、整体には学問的理論というものはなく、
臨床という経験的な背景を中心としているからです。

現在の整体は、日本武術に伝わる手技療法に、中国医学の手技療法や、
大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティック
などの欧米の手技療法などに、治療家たちの工夫を加えたもので、独自色が強くあります。

整体院によって、療術法も様々ですので、
整体を受けて症状が改善しない場合は、
「どこかにいい整体院はないかな?」と他の整体院に行ってみるのは間違いではありません。

うまい先生にやってもらうと、終わったあと、
確かに違います! びっくりするくらい!

世の中にはいろいろな整体があります。
まず選ぶにあたってあなたのカラダを任せて大丈夫な治療院かどうかを、
自分でしっかり判断してください。

お客様の声を読んだり、行った事のある人の感想を聞いたり、
あなたによさそうだったら行ってみるといいでしょう。
しっかりと方針(今の状態、施術の効果や変化)を教えてくれるところを見つけましょう。

はじめに

 日本の法律では、診断は医師しかできません。整体は民間資格でありながら、国家資格のあんま・マッサージ・鍼灸・指圧・柔道整復(接骨、整骨、ほねつぎ)と共に医業類似行為に分類されます。医業は医師以外行ってはならないと日本の法律で決められています。

医師への相談

 はじめに病院に行き、整形外科やペインクリニックなどで、どんな状態なのか、医師の検査を受けてください。

 いまの症状が、怖い病気の副産物だとしたらたいへんです。

 病院で「大丈夫問題ないでしょう」といわれても、自覚症状がある場合、あなたは未病(みびょう)になります。未病とは「病気ではないけれど症状がある」状態をいいます。

 もし、治療方針を聞いて「原因が分からない」ということであれば、民間の治療院に切りかえます。

 現代医療では対応しきれない諸症状が少なくない現在、それに補完・代替する医療以外の療法が多く存在します。この補完・代替をする各種療法は、補完・代替医療(Complementary and Alternative Medicine、略してCAM[カム])と呼ばれています。

 日本よりもCAMが浸透しているアメリカでは、国家レベルで様々な民間医療や伝統医療が研究されています。

 世界的に目を向けると、地域特有の療法が数多く存在し、実際は、 補完・代替医療(現代西洋医学以外の医療)を 採用している人々の方が多いのです。WHOは、世界の65~80%の人が“西洋医学以外の医療”を用いていると発表しています。

 補完・代替医療となる整体、カイロプラクテイック、オステオパシーなどの手技療法は患者さんの症状をよりよい状態にするための研究が盛んです。

気持ちよくなりたい人・身体を良くしたい人

 整体には大きく分けてサロン系と治療系があります。

サロンの例

 サロン系は、気持ちよくなりたい人向け、足裏反射、リフレクソロジー、アロマテラピーなど。


頸椎調整図

 治療系は、身体を良くしたい人向け。整体・カイロプラクティック・オステオパシーなど。整体と掲げていながらサロン系でやっているところもありますので選ぶときに注意が必要です。

 あとは、あなたの直感にしたがってみてください。

 実際に医者に原因不明と診断された腰痛、肩こり、関節、膝の痛みなどは うまい整体師が整体すると、すぐに原因がわかりよくなることがあります。