副交感神経 | 神奈川座間かない整体






自律神経

 ほとんどの患者さんは両方(交感神経、副交感神経)に症状が出ている場合が多いように思われます。

副交感神経は夜に働く神経です。
交感神経は昼間に働く神経です。

副交感神経が優勢になると、昼間ねむたくなります。
交感神経が優位になると、夜なかなか寝付けません。

副交感神経に関連した問題は、交感神経のときほど簡単には症状が改善にくいようです。

副交感神経は、カイロプラクティックの臨床の経験から、後頭骨~頚椎5番、仙骨、寛骨、尾骨に支配されているようです。つまり、これらの骨の中で、周囲の他の骨に比べてより動きにくい骨があれば、矯正で動きを付けることで、副交感神経優位に調整することなります。すると、副交感神経が問題となっていた症状は緩和されると、想定して調整しています。

骨の矯正で血圧調整ができるのか?

上が高い人(収縮期血圧)、上が低い人、また下が高い人(拡張期血圧)、下が低い人がいます。

上が高いと、交感神経優位。
下が低いと、副交感神経優位。

調整は、どちらの骨の部分を矯正するかによって、クライアントさん自身に計ってもらうと、数値で5~10の違いがでてきます。
施術者は慎重に見極めなければなりません。

収縮期に低く拡張期に高ければ、たいていは副交感神経系にフィクセーション(骨がズレ固まっている)があります。 後頭骨の前方軸転のフィクセーションは副交感神経の問題が多いと言われています。

内臓と自律神経の秘密

さきほど言いましたように、夜眠るときに副交感神経は働きます。この逆に、眠るときに交感神経が働くと不眠になり、起きているときに副交感神経が働いて昼間眠くなります。

副交感神経系にサブラクゼイション(骨のズレ)が起こることによって、交感神経系が暴れ回るので、器官の分泌過剰が起こります。