自分の筋力で治す方法(偏平足・外反母趾)|神奈川座間かない整体






偏平足や外反母趾

自分で治す方法

自分自身の筋力を鍛える
自分自身の関節の位置を変化させる

どこを鍛えるのか?

その前に筋肉の区分を考えます。
どの区分が重要なのか?

筋肉の区分を分けて考えてみます。

随意筋と不随意筋

自分の意志によって動かせる筋肉が随意筋
自分の意志によって動かす事ができない筋肉が不随意筋です。

インナーマッスル アウターマッスル

これも随意筋と不随意筋のように、外側(アウター)は意志で動かせ、内側(インナー)は意志で動くわけではありません。

どちらを意識して、トレーニングを行うのでしょうか?

答えは、不随意筋内側・インナーマッスル)です。

順序としては、
自分の筋肉を鍛え、
骨の位置を正しく保ち、
最もバランスの良い位置に骨を定着させる筋肉の強さや、
靭帯の粘りを作っていきます。

半年、1年、2年と時間をかけてジワジワ綺麗な位置に収まっていきます。

靭帯は、同じ方向の筋肉を鍛えることで強化されることが分かっています。

すべては筋トレから始まります。

目安は3か月を1区切りとしてとらえます。
そのくらいの期間でないと、変化が感じられません。
3か月で変化なければ、次の3か月を1区切り(始めてから6か月)という具合にみます。

急に変化するものではありません。

時間をかけて徐々に変化して良くなっていきます。
(筋トレをしたことがある人なら分かりますよね?)
いきなりムキムキの筋肉はつきませんよね。

悪化するときも
時間をかけて悪くなっているのです。

お待たせしました トレーニング方法です

外反母趾の方法です。

外反母趾改善自力トレーニング方法

つま先を開いて立つ
左右のかかとをつける
左右のひざをくっつける
お尻を締める

(左右のひざ、お尻は最後まで緩めません[万力の要領])
ここを緩めてしまう人がほとんどですので、気を付けてください。

偏平足改善トレーニング方法

その姿勢でつま先立ちになります。
かかとをおろします。
つま先立ち → かかとを下す → つま先立ち
(以降、交互に繰り返します)

初めての行う場合、5回も繰り返したら、ヘトヘトに疲れます。
疲れないとしたら、どこかやり方が間違っています。

10回連続で行うのを、1日に2~3回(合計20~30回/日)。
毎日行います、最少期間3か月。
早い人だと2週間くらいから、骨の位置が、少し変化してきます。

偏平足改善自力トレーニング方法

鍛える筋肉は

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)です。

前脛骨筋

足の親指側(小指側ではない)を、意識して背屈させます。
負荷をかけて行います。

その他に

足をぶらぶらさせて座ります。
重りをつけて足を曲げたり、回転させます。
曲げた状態から戻すときは、ゆっくりと行います。

この筋肉は、
経絡では「膀胱経」

膀胱を空にすることや
前立腺と尿道の機能と関連しています。

東洋医学においては、

膀胱は感情の貯蔵庫と言われ、
水のバランスと
魂における感情(気持ち)のバランス

に関わりがあります。

偏平足

完全に変形している場合は、数年がかりの長期間計画で取り組んでください。

以上になります。