ヒザ | 外側側副ジン帯(LCL)損傷 | 神奈川座間かない整体






このページは整体の範囲から外れますが安全な施術のための予備知識としてまとめましたのでご紹介します。

もう靭帯を損傷してしまったら・・・関節だけは大事にしてください。

10年後20年後30年後と年をとるほど影響が出てきます。 膝関節外側方向への圧力

外側側副ジン帯(LCL)損傷

発生原因

膝関節にかかる外側への力が原因である。

外側側副ジン帯の損傷

関節の外側方向への力 内反強制テスト 右足(絵)

症状・診断

・内側側副ジン帯に比べて強度的には弱いが、柔軟性があるためヒザの4つのジン帯の中で単独損傷の発生頻度が最も低い。

・内反強制テスト(絵)で内反動揺性を示すが、本来の内反動揺性が大きいので分かりづらい。

・症状の程度は内側側副ジン帯(MCL)と同様に3段階に分かれる。

・前十字ジン帯(ACL)または後十字ジン帯(PCL)との複合損傷がないかどうか注意する。

治療法

保存療法

対象:

1度(軽症)及び2度(中等症)の単独損傷。

(3度(重症)でも対応できるとの報告もある。)

方法:

トレーニングの流れとしては内側側副ジン帯(MCL)と同様に行う。その際、ヒザが内反位にならないよう注意する。

観血療法

対象:

合併損傷した十字ジン帯に対し観血療法を行なうもの。 この場合も合併損傷に対する治療が主体となる。 術後のリハビリは合併損傷した前十字ジン帯(ACL)又は後十字ジン帯(PCL)の術後を主とし、その際にヒザが過度の内反位をとらないよう注意する。 →術後リハビリについてはACL又はPCLを参照。